バリュエーション(株価算定)

“価格”と”価値”の違いは御存知でしょうか?

価格はあくまで買い手と売り手が合意した段階で最終的に決まりますが、価値は一定の前提に基づいて算定された金額であることから、合意されて決定された価格が価値よりも高いケースもあれば、安いケースもあります。

 株式価値評価においてかつては貸借対照表上の純資産をもとに算定する方法(ネットアセットアプローチ)が主流な時代もありましたが、すくなくとも現在のM&Aにおける評価においては将来収益力を見積もったうえで算定するインカムアプローチ(例:DCF法)が主流となっています。

買い手と売り手の違い、買い手とのシナジー見込み等々、それぞれのシュチュエーションに応じて価格はもちろんのこと価値そのものも変わります。

M&A全般を熟知しているからこそ可能な価値と価格の違いを意識した株価評価サポートを実施し、価格交渉をすすめていくうえで最も頼りになるアドバイスを提供いたします。

 

a0002_001041